気候の違いを教えてくれたジェットスター観光ガイドブックの魅力

シンガポールに私はずっと憧れを持っていていつかは行きたいと思っていました。LCCを利用できるようになって安く行けるからそろそろ決行しようと考えたときにジェットスター観光ガイドブックを読んで助かったことがあります。気候の違いを教えてくれたのが大きな点でした。

初めての海外旅行で行くと決めたシンガポールについての情報収集

海外旅行には行ったことがなかったのでやや心配な気持ちもありながらもシンガポールに行こうと決めたときにはまずフライトの予約を取ろうと考えました。ただ、現地についての情報も持ち合わせていなかったので、とりあえずは簡単な情報収集をしようとインターネットで情報検索をしたのです。考えていたのはシンガポールに何日滞在すれば満足できる旅行ができるかということだけでした。そして、フライトを予約しようと決めた時点で出会ったのがジェットスター観光ガイドブックです。予約する前にジェットスター観光ガイドブックを見ていなかったら予約する時期を誤ってしまっていたかもしれません。気候についての情報を全く手に入れてなかったからです。

シンガポールと日本の気候の違いを知って選んだ旅行に行く時期

ジェットスター観光ガイドブックには気候とシーズンという項目がありました。日本国内の旅行にしか行ったことがない私は気候の違いを完全に忘れていて、仕事があまり忙しくない2月にフライトを予約しようと考えていました。航空券も比較的安い時期なので最適だと思っていたのですが、ジェットスター観光ガイドブックを見て翌年の9月に行く時期を変更したのです。シンガポールは12月から3月がモンスーンの時期になっていてほとんど雨が降っていると知りました。せっかくシンガポールに行ったのに雨に見舞われてしまっていたのでは嫌だと思い、時期をずらすことにしたのです。暑い時期が4月から7月という情報もあったので、その後の9月を選びました。

観光ガイドブックで雨が降ったときの対策も立てることができた


私はシンガポールに着いたら朝から晩まで街中に繰り出してショッピングやグルメ、動物園などを楽しもうと考えていました。雨が降ってしまっては元も子もないと考えて旅行の時期を変更しましたが、ジェットスター観光ガイドブックを見て雨の日にも楽しめるかもしれないと思うようになりました。博物館の情報が充実していて、三日間パスという三日間はいくつもの博物館に自由に出入りすることができるパスがあるとわかったのです。実際に行ったときには雨対策と考えていたのですが、結局行きたくなってしまって三日間パスを購入して博物館めぐりも楽しんできました。シンガポール観光を満喫する方法も提案してくれたジェットスター観光ガイドブックには私にとっては役立つ情報が満載だったのです。