カテゴリー: 行動計画

ジェットスター観光ガイドブックでも注目!フィジーのおすすめ観光&グルメ

近年、海外の南国リゾートとして注目されているのがフィジーです。
オーストラリアの東部、ニュージーランドよりも赤道に近い場所にあるフィジーには、インド系の人がこの地に移り住んだことからインドの文化を街並みの中に見ることもできるでしょう。
ジェットスターはフィジーへ向かうこともでき、ジェットスター観光ガイドブックでもぜひチェックしておきたいスポットの一つです。
今回はそんなフィジーのおすすめ観光スポットやグルメについてご紹介していきましょう。

おすすめ観光スポット

フィジーのおすすめ観光スポットをいくつかご紹介していきます。

・ナディタウン
ナディ国際空港が誕生してから少しずつ発展を見せてきているナディタウンでは、マーケットも展開されていて手軽に楽しめる観光スポットです。
たくさんの屋台があるので、自身の好みのアイテムを見つけることができるかもしれません。

・デナラウビーチ
島全体がリゾートエリアとして開発されたスポットであり、1日中のんびりと南国の雰囲気が楽しめるスポットとなっています。
こちらではビーチだけではなくレストランやショップなども豊富に揃っているので、フィジーが初めてという方にはおすすめのスポットと言えます。


・スリーピングジャイアント植物園
フィジーのデナラウ島では定番の観光スポットでもあるスリーピングジャイアント植物園では、蘭や熱帯植物を間近に観察できるスポットです。
園内をのんびり散歩しながら、世界中の様々な植物を観察できます。

フィジーのおすすめグルメ

フィジーは周りが海に囲まれた南国の島なので、ぜひ新鮮な魚介類は堪能してほしいと言えます。
特にロブスター料理は日本人はもちろん、海外の方にも人気を集めています。
また、フィジーには上記でも紹介したようにインド系の人が多く在住しているため、インド料理のクオリティがとても高く、美味しいインド料理を味わうことができるでしょう。
フィジーならではのご当地グルメとしては、ココナツソースを肉や魚にかけて食べるロロや、ココナツ風味に仕上げたマリネのココンダなど、南国だからこその料理が存在しています。

おわりに

フィジーはゆったりとした時間を過ごせて、しかもリゾート地でもあるので不便も特になく過ごすことができます。
ぜひリフレッシュに旅行へ行きたいという方はフィジーを訪れてみてはいかがでしょうか?

カンボジアで一人旅するなら!おすすめ観光スポットをご紹介

ジェットスター観光ガイドブックでは、一人旅にもおすすめの観光スポットはたくさんみられます。
一人旅は予定も自分勝手に決められて、途中で色々と変更しやすいので気楽な海外旅行が楽しめます。今回はそんな一人旅がしやすいカンボジアの観光スポットについてご紹介していきましょう。

アンコールワット

カンボジアの観光スポットへ訪れるなら欠かせないのが、アンコールワットです。
世界中から観光客が訪れるこのスポットには、日本人も多くこの場所に訪れています。
何度か破壊されかけたものの、現在でも古くから残る姿をそのまま残してくれています。
アンコールワットには大小様々な遺跡があって、敷地もかなり広大なので全て周りきるのは難しいかもしれません。
特に真夏はとても暑いので、熱中症にならないように気を付けましょう。

タ・プローム

ジブリ作品として有名な天空城ラピュタ。
このモチーフになったとされているのが、タ・プロームです。
こちらには根っこが剥き出しになった大木があり、まるでジブリの世界観に迷い込んだような気分に浸れます。
メンテナンスは最小限に抑えているということなので、ところどころ壁が崩れてしまっているところもあるので、ここでは静かに観察するだけに留めておきましょう。

アンコール・ナイトマーケット

カンボジアにはたくさんのナイトマーケットがありますが、中でも2000年代前半から営業しているアンコール・ナイトマーケットは、ナイトマーケットの中でも昔から営業している屋台などが多くみられます。
こちらにはカンボジアグルメからご当地ならではの品、観光客向けのグッズなど幅広いアイテムが揃っています。
オシャレなカンボジア雑貨やアクセサリーなども販売されているので、お土産を買いたい方はぜひチェックしてみてください。

おわりに

カンボジアの一人旅におすすめな観光スポットをご紹介してきました。
どの観光スポットも魅力的で、歴史や世界の文化に触れることができます。
カンボジアは比較的治安が良い国とも言われているので一人旅も安心ですが、それでも場合によってはトラブルに巻き込まれてしまう可能性は無きにしもあらずなので十分気を付けながらカンボジアの一人旅を楽しみましょう。

週末を無駄に過ごしていない?ジェットスターで日帰り温泉旅行

ジェットスターを利用すれば、日帰りで温泉旅行に行くことも可能です。関東圏からであるなら、成田空港を利用することになります。現在のところ九州方面や四国方面へのフライトがあり、一時間半程度のフライトで行けます。早起きが必要ですが、早朝のフライトに乗れば、その日のうちに帰ってこられます。思い立った時や休みが短いときなどに最適です。

思い立ったらすぐに計画を立てよう

例えば東京から朝七時台のフライトに乗れば、鹿児島に九時ごろ到着します。鹿児島空港でレンタカーを借りて、ドライブへと出発できます。空港内にレンタカー会社があります。或いは温泉地までのバスも充実しているので、公共の乗り物を使う方法も便利です。空港周辺にはたくさんの温泉があるのでとても便利です。温泉以外にも物産館で地元の名物を楽しむこともできます。最終フライトの夜八時台に乗れば、その日のうちに家路につくことができます。

日帰り温泉を一層楽しむためには事前の計画が欠かせません。時間に制限のない旅行とは違って、ある程度の計画が必要です。行き当たりばったりだと、時間がすぐになくなります。のんびり楽しむためには周到な準備をしましょう。周到といっても、あまりにも詰め込みすぎると疲れてしまいます。時間に余裕を持たせた、融通の利くプランにしましょう。

旅行のプランニングには観光ガイドが必須

旅行の計画に欠かせないのは観光ガイドブックです。ネットでも旅行情報を仕入れることができますが、観光ガイドブックの方が見やすいのでスムーズに旅ができます。電子機器だと、複数のページを同時に見ることができません。観光ガイドブックだと地図も載っているので便利です。ガイドブックだと飛行機の中でも見られるので役に立ちます。予め読む時間がなかったなら、待合時間に読むだけでも間に合います。チェックするのは、入る温泉宿とレストランです。忘れずに付箋も持っていきましょう。

いざ出発!搭乗する前に知っておきたいこと

ジェットスターを利用する時は、前もって空港に到着するようにしましょう。締め切り時間を過ぎると、乗れないだけでなく払い戻しがありません。搭乗口が遠い場合もあるので、時間に余裕をもって保安検査を受けましょう。荷物の制限もあるので、コンパクトにまとめなければいけません。荷物が多くなりそうな時は、チケットの購入時に有料の預け荷物枠を購入するとお得です。
急に温泉に入りたいときや漫然とどこか遠くへ行きたいときがあります。ジェットスターを利用すれば、シーズンによってはバス旅行よりも安く行くことができます。