ジェットスターで行くおトクな北海道の旅

ジェットスターならば、北海道札幌市(新千歳空港)に東京成田から44,90円〜いくことができます。フライト所要時間の目安は、約1時間45分程度です。
国内旅行ならフライト時間も短いので、多少乗り心地が悪くても大丈夫です。観光ガイドブックを読んだり、寝ている間についてしまうでしょう。

チェックインに必要なのは、搭乗者全員分の写真付き身分証です。パスポート、運転免許証、学生証、写真付き住民基本台帳カードが使えます。これ外を使う場合には、ジェットスターに直接電話で相談する必要があります。

搭乗予定便は、発着時間が直前に変更になることもあります。出発の8日前に変更があった場合はでお知らせがきて、出発の7日前〜3日前に変更になった場合はジェットスターから電話かメールで直接案内がきます。

注意が必要なのは出発の2日前〜当日に変更になった場合です。この場合には連絡がこないことがあります。
なので運行状況は必ずチェックしておきましょう。ホームページでみることができます。
北海道は自然豊かなところで、レンタカーを借りないとまわりきれない場所もたくさんあります。もちろん公共交通機関も通っていますが、直接行くのには面倒な場所
もあるので、遠くから旅行に来た人はたいていはレンタカーを借ります。

札幌から有名どころに行くならば、富良野、美瑛、あたりがおすすめです。富良野はラベンダー畑が広がっていて、ラベンダーソフトクリーム、とうきび、ラベンダーのポプリ、などのグッズも豊富です。
美瑛は「四季彩の丘」が有名で、15haの丘一面に数十種類の草花が咲き誇っています。時期がよければたくさんの花を見ることができます。

この近くにはネットでも人気になった「青い池」があります。観光ガイドブックにも必ずといっていいほど載っている場所です。自然のものとは思えないような美しい青で、見る角度、時期、季節によって様々な表情を見せてくれます。白髭の滝から流れてきているアルミニウムが原因とのことです。

もちろん、札幌から出なくても見所はたくさんあります。冬なら大通公園で雪まつりが開催されますし、日常的にも広々した公園の姿を楽しむことができます。美味しい味噌ラーメンに舌鼓を打ったり、街中でショッピングするのもいいでしょう。
格安でフライトして北海道に行けば、残ったお金でたくさんのエンターテインメントを満喫することができますよ。

低コストで沖縄に行くならジェットスターで

沖縄は日本国内なのにまるで外国のリゾート地のような雰囲気を楽しめて、美しい砂浜や雄大な自然が広がる魅力的なエリアです。独特の文化を持っていて食べ物も美味しく、海外に行かなくてもビーチリゾートでくつろぎながらゆったりと過ごせます。一年中温暖な気候なので夏のハイシーズンだけでなく冬場のシーズンオフにも旅行することができます。

沖縄に行ってみたくても飛行機代が高くて予算が足りないので迷っているならLCCを使ってみるのがおすすめです。ジェットスターなら那覇空港と成田や関空、名古屋、札幌などの主要空港を結ぶ直行便が就航しているのでどこに住んでいても便利に利用できます。JALやANAだと沖縄行きの航空券だけでかなりの費用がかかるので海外旅行に行けるくらいの値段になってしまいますが、LCCは低コストを売り物にしていて運賃は変動制のため、タイミングよく予約をすると1万円以下で沖縄に行くことも可能です。

航空券代を節約すればその分現地でお土産を買ったり食事をしたりする予算ができて、ホテルをグレードアップして豪華な旅行をすることもできます。荷物が少ない場合は受託荷物のオプション料金を払わなくてもいいので更にチケットがお得になり、普通は何万円もかかる航空運賃を数千円に抑えて上手に旅行ができます。飛行機の安全性や所要時間などは大手の航空会社と変わらないので、過度な機内サービスなどを期待しなければじゅうぶんに満足できて、快適な空の旅を楽しめます。予算を節約した分は観光ガイドブックに載っている話題のお店に行ってみたり、有名な観光地の入場料やお土産代などに使えるので思いっきり滞在を満喫できます。

一度は行ってみたいと思っていても航空券が高いのでなかなか旅行のタイミングがなくて行けないなら、ジェットスターの公式ホームページをチェックしておけば最安値の日がグラフで表示されるので時期を狙って予約することができます。お得なバーゲンも頻繁に行われているので更に安い値段でチケットを手に入れたり、航空券とホテルがセットになっているパックやオプショナルツアーが付いているパッケージも提供されています。

バーゲンやセールのお知らせはホームページで公開されるほかにもメールマガジンやアプリで一足早く受け取ることができるので、予約がいっぱいになってしまう前に確実に航空券を手に入れられます。憧れの沖縄旅行に行くならジェットスターを活用してみましょう。

ジェットスターを利用して気軽にフィリピンへ

JetStar航空は、今話題のLCC(ローコスト・キャリア)の1つで、日本国内だけでなくアジア太平洋地域60都市以上に就航している航空会社です。LCCはその値段の安さで人気ですが、この航空会社も例に漏れず、大変お得なお値段の航空券を各種取り揃えています。なんと国際線においても、片道約5000円からの航空券も販売されており、国内線よりも安いくらいの料金となっています。

そんなお手ごろ価格のJetStar航空を利用して、フィリピン旅行に出かけてみるのはいかがでしょうか。フィリピンは近年、旅行先として人気急上昇中の国ですが、一年中暖かく過ごしやすい気候や人の親切さと穏やかさ、美しい海やビーチなどが魅力の観光地です。また、フィリピンは物価が安いので、少ない予算でも贅沢な旅行を楽しめるのもメリットの一つです。

フィリピンの中でも特に人気なのがセブ島ですが、ここは比較的治安が良いと言われている地域ですし、ホテルやショップがたくさんモールなども揃っているため観光には大変便利です。一年を通してあまり雨が降らない地域であるというのも観光客にとっては嬉しい点のようです。

また、近年注目されているのが、フィリピンで英語を学ぶことです。フィリピンは、スペインやアメリカ等、他国の植民地だった歴史を持つ国です。その間に国民はキリスト教などの文化や他国の言語を自国の生活の中に取り入れていきました。今でもフィリピン国民にはスペイン語を話せる人が多いですし、英語に至っては、かなりの割合の人が流暢に話せるくらいのレベルを持っています。フィリピン人の英語の発音はとても美しいということで有名ですので、日本で英語教師として働いている人も実は少なくないのです。

フィリピンは物価が安いということから、語学留学時の滞在費も安く済みますし、先生達の質が高い割には労働力単価も安いので授業料もお手ごろ価格です。ですから、たとえ予算が少なめだとしても設備の整った場所でしっかりとした授業を受けることが出来ますし、長期で滞在することも可能です。英語学習に興味のある方は、気軽にフィリピンまで英語を学びに行かれてみてはいかがでしょうか?

また、フィリピンには手付かずの自然が残る場所もありますし、植民地時代の面影を残す歴史的建物も多く、様々な魅力ある観光地の旅を楽しめます。

ジェットスター航空でのフィリピン・マニラへ行きの便は毎日運行していますので、休みが取れた時に、観光ガイドブック片手に、お気軽に旅行することが可能です。是非とも一度、足を運んでみてくださいね。

ジェットスターで日帰り温泉旅行

ジェットスターを利用すれば、日帰りで温泉旅行に行くことも可能です。関東圏からであるなら、成田空港を利用することになります。現在のところ九州方面や四国方面へのフライトがあり、一時間半程度のフライトで行けます。早起きが必要ですが、早朝のフライトに乗れば、その日のうちに帰ってこられます。思い立った時や休みが短いときなどに最適です。

例えば東京から朝七時台のフライトに乗れば、鹿児島に九時ごろ到着します。鹿児島空港でレンタカーを借りて、ドライブへと出発できます。空港内にレンタカー会社があります。或いは温泉地までのバスも充実しているので、公共の乗り物を使う方法も便利です。空港周辺にはたくさんの温泉があるのでとても便利です。温泉以外にも物産館で地元の名物を楽しむこともできます。最終フライトの夜八時台に乗れば、その日のうちに家路につくことができます。

日帰り温泉を一層楽しむためには事前の計画が欠かせません。時間に制限のない旅行とは違って、ある程度の計画が必要です。行き当たりばったりだと、時間がすぐになくなります。のんびり楽しむためには周到な準備をしましょう。周到といっても、あまりにも詰め込みすぎると疲れてしまいます。時間に余裕を持たせた、融通の利くプランにしましょう。

旅行の計画に欠かせないのは観光ガイドブックです。ネットでも旅行情報を仕入れることができますが、観光ガイドブックの方が見やすいのでスムーズに旅ができます。電子機器だと、複数のページを同時に見ることができません。観光ガイドブックだと地図も載っているので便利です。ガイドブックだと飛行機の中でも見られるので役に立ちます。予め読む時間がなかったなら、待合時間に読むだけでも間に合います。チェックするのは、入る温泉宿とレストランです。忘れずに付箋も持っていきましょう。

ジェットスターを利用する時は、前もって空港に到着するようにしましょう。締め切り時間を過ぎると、乗れないだけでなく払い戻しがありません。搭乗口が遠い場合もあるので、時間に余裕をもって保安検査を受けましょう。荷物の制限もあるので、コンパクトにまとめなければいけません。荷物が多くなりそうな時は、チケットの購入時に有料の預け荷物枠を購入するとお得です。
急に温泉に入りたいときや漫然とどこか遠くへ行きたいときがあります。ジェットスターを利用すれば、シーズンによってはバス旅行よりも安く行くことができます。

ジェットスターでケアンズへ!

ケアンズに行くなら、ジェットスターがおすすめです。
日本の格安航空会社のLCC(ローコストキャリア)の一つでもあるジェットスターは、成田・関西と、ケアンズ・ゴールドコーストが主力になっています。2007年から日本への就航が始まっており、認知度が高いです。

さほど混んでいない時期であれば、諸経費込みでオーストラリアまで7万円程度で往復可能です。ただし、預け荷物などの手数料は細かく設定されているので、その点は確認しておく必要があります。

観光ガイドブックの口コミでは「座席は普通」「機内食はコンビニ弁当レベル」「ケアンズまでは安い」「機内で寝るだけの人には適している」「シートは大手航空会社と変わらない」といった声が寄せられています。

基本料金は、エコノミークラス料金とビジネスクラス料金の2種類になっています。オプションに応じて、機内食の追加、事前に座席指定、預け荷物追加、カンタスマイレージ付与、などが加えられます。
エコノミークラスは基本料金の「スターター」なら、7kgまで持ち込み荷物が無料になります。あとは15kg〜40kgの範囲で5kg刻みで機内預け荷物を預けることができます。

手荷物料金は事前に支払う仕組みになっていて、一番軽い15kgが日本〜オーストラリア間で2,500円です。
さらにオプションで「プラス」「マックス」がつけられます。前者には機内食・優先搭乗・カンタス・マイレージ付与・座席指定・変更手数料無料・20kgまでの受託手荷物枠などのオプションをつけることができます。

「マックス」はかなり高額で使うことは少ないですが、払い戻し可の運賃です。
ビジネスクラスは、基本料金だとカンタスマイレージ付与と空港ラウンジの利用ができないことになっています。ただし、格安で利用出来るのがメリットです。
ビジネスクラスにもオプションがあり「マックス」という名称です。エコノミークラスの「マックス」より低額で、これはもともとビジネスクラスの基本料金が高いからだと思われます。

オーストラリアまで行くことになるので、フライト時間はかなり長くなります。口コミでは機内食の評判はあまりよくないので、搭乗前に食事をすませるか、機内でおにぎりやサンドイッチなどを食べるといいでしょう(飲食物の機内持ち込みは可)。
結構な確率で遅延型にあいますが、格安で行けるのが魅力です。余ったお金でケアンズでたっぷり楽しむのもいいですね。